英語勉強日記

英語勉強日記

気ままに、気になった英語について綴るブログ。洋画・海外ドラマ、英字新聞など。

大谷翔平選手「縁を感じた」を英語で言うと?

どうも、ふぉるらんです。

 

大谷翔平選手が米リーグのエンゼルス入団会見の時に、「縁みたいなものを感じた」と言っていましたね。

 

「縁を感じる」って英語では何と言うんでしょうか??

 

 

f:id:ryura9:20171210225439j:plain

 

「縁を感じる」英訳するのはなかなか難しそうです。「縁」ってもともと仏教用語のようですし、英語にはない考え方ですよね。

 

そこで、アメリカのメディアでは実際にどう訳されているのか調べてみました。(記事中では間接話法ですが、ここでは直接話法に言い換えています)

 

 

①I felt a true bond with the Angels.

Shohei Ohtani to sign with the Los Angeles Angels

The Angels are big winners by signing the standout Shohei Ohtani | SI.com

Two-way phenom Shohei Ohtani chooses Los Angeles Angels | The Japan Times

 

 

②I felt a strong connection with the Angels.

MLB Hot Stove: Japanese two-way star Shohei Ohtani agrees to sign with the Angels - CBSSports.com

Shohei Ohtani to sign with the Angels – HardballTalk

 

 

③I felt "something click" with the Angels.

Baseball: Ohtani introduced by Angels amid high expectations | Reuters

Angels charmed Shohei Ohtani to win recruiting battle – Orange County Register

 

 

の3つがほとんどでした。おそらく①と②は大谷選手の代理人が「大谷はこう言っていた」という中での言い回しで、③は大谷選手のコメントを英語に意訳したようですね。記事を読んだらそんな感じでした。間違っていたらすみません(^_^;)

 

 

bondは「結びつき、縁」などの意味で、

connectionは「つながり」という意味です。

 

①と②を日本語にしてみると、

「本物の(/真の)縁を感じた」

「強いつながりを感じた」

といった感じです。

 

 

 

③で使われているclick は、自動詞では

「しっくりいく、うまが合う、異性にビビっと感じる」

などの意味があります。

 

something+形容詞の形なので、この意味のclickを形容詞として使っているようですね。

 

③を日本語に訳してみると、

「なにかしっくりくるものを感じた」

「なにかビビッときた」

のような意味ですね。

 

 

↓まとめてみますとこうなります↓

I felt a true bond with the Angels.

「エンジェルズに本物の縁を感じた」

I felt a strong connection with the Angels.

「エンジェルズに強いつながりを感じた」

I felt "something click" with the Angels.

「エンジェルズになにかビビッときた」

 

 

「縁みたいなものを感じた」の英訳としては、③が一番しっくりくるんですがどうでしょうか?

私は③が一番好みです(笑)

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

翻訳基礎講座を終えて

どうもふぉるらんです。

つい先日、通信で受講している翻訳の基礎講座の課題を全て提出いたしました。

いや〜、なかなか悪戦苦闘いたしました。

 

妊娠が分かって塾のバイトを辞めてから受講し始めたので、妊娠中の体調に合わせて勉強していました。

臨月が近づくと、不安で講座どころじゃなくなっていましたね(笑)

だから出産までに終わらす事が出来ず…😓

 

産んで1カ月経ってから講座の勉強を再開させました。

かなり忙しい毎日でしたねσ(^_^;)

特に先月は目が回るような忙しさで、ブログの更新もできませんでした😂

 

 

f:id:ryura9:20171205005628j:plain

 

 

受講した理由

単純に翻訳に興味がありました。

塾講師を続けていくのは難しいと考えていた中、英語が活かせる仕事を探していていました。通訳は人と接する職業ですし、一発勝負ですからそのプレッシャーに耐えられる気がしなかったので。

 語学を勉強されている方なら、翻訳・通訳をやることを一度は検討してみるんじゃないでしょうか。

 その分、英語では競争相手がわんさかいます(^_^;)

 

 

受講した感想

TOEIC900点超えを果たした事で、天狗になっていたようです(・・;)

文法的解釈がどれだけできていなかったのか、文法事項がどれほど頭に入っていないのか、痛いほど思い知りました。

 

勉強すればするほど、奥が深い世界だなと感じます。

1つの単語をとっても、複数の意味が含まれていて、どういう意味で使われているのかきちんと読み取らないといけないし、日本語で書かれている意味が必ずしもその単語のコアの意味を指しているわけではないため、英英辞典で調べてコアの意味を掴まなければ、訳せませんでした。

 

私が受講したのは英文和訳の講座なので、訳文は日本語なんですが、日本語の表現力の無さといったら愕然とするほどでした。

みなさん、何気なく使っている言葉や言い回しの正しい意味をちゃんと把握していますか?それを明確に言葉で説明できますか?

決まったように同じような表現しか実は使っていなかったってこと、ありませんか?

ある単語、ある言い回しの同義語をいくつ自在に使えますか?簡単に思いつきますか?

 

私はまったくといっていいほど、できませんでした。日本語の表現力のなさを痛感するばかりです。

 

 

これで基礎なんですよね…

翻訳を生業にしている方を心底尊敬します。

 

 

翻訳講座を受けるか悩んでいる方へ

私は受講して良かったと思います。

受講するか悩んでいた時は、講座にどれほど効果が期待できるのか分かりませんでしたし、独学でも大丈夫じゃない?とも思っていました(講座を一切受けずに翻訳のお仕事をされていらっしゃる方はたくさんいるので。村上春樹も独学ですし)

私の場合、期限がないとダラダラと勉強してしまうタイプである上、参考書等で勉強して実際に訳してみても正しいのかそうでないのかすらよく分からず、よく分からないから勉強法もよく分からないという、行き詰まった状態でしたので、その状況から脱却するため、受講を決めました。

 

受講してみると、一文一文を文法的に解体し、文法事項を調べまくり、簡単な単語も意味の取り違えを警戒して調べまくらなければ訳せないので、実際大変でしたし、時間もかかるし、うまく訳せなくて辛いし、もうやめようかなと思ったこともありましたが、それでも受講前の自分と比べてみると、確かに力になっていると感じます。

まだまだ未熟でスタートラインにすら立てていませんし、基礎講座を受けただけで何を言うか、とお思いになるかもしれませんが、本で知ることができない翻訳の世界を少しでも垣間見れたのは収穫だったと思います。

なので、悩んでいる方がおられるなら、とりあえず受講してみる、というのも1つの手だと心の片隅にでも留めておかれてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、私が受けた講座にはありませんでしたが、講座の中には、優秀な成績を収めた人に対してお仕事を斡旋してくれたりする制度があります。

翻訳未経験の場合は、こういう制度はありがたいですね。

 

 

今後

当面、新しい講座を受講する予定はありません。

まとまった勉強時間を確保できそうにないので。

翻訳関連の参考書で我慢することにします(笑)

 

今後育児が少し落ち着いて、時間がとれそうになったら、

より専門的な講座を受けてみたいと思います。

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

”bull-in-a-diplomatic-china-shop”はどういう意味?

どうも、ふぉるらんです。

 

英文記事を読んでいたら、bull-in-a-diplomatic-china-shopと言う表現が出てきました。

bull「雄牛」diplomatic「外交の」china shopは「中国のお店」ではなく「陶器店」という意味ですが、直訳すると「ん?」となりますね。

 

bull-in-a-diplomatic-china-shopとはどういう意味でしょうか?

 

 

まず、bull in a china shopは、直訳すると「陶器店の中の雄牛」ですが、

英英辞書では、

a person who breaks things or who often makes mistakes or causes damage in situations that require careful thinking or behavior (物を壊す人や、慎重な判断やふるまいが必要な状況でよく失敗したり損害を招いたりする人)

とあります。

Bull In A China Shop | Definition of Bull In A China Shop by Merriam-Webster

 

この場合のchina「中国」ではなく、「陶磁器」の事です。

なんでchinaが「陶磁器」やねんって思いますけど、元々陶磁器は中国発祥なのでchinaが使われるようです。ヨーロッパなどの英語圏の国では中国から輸入して陶磁器を初めて見たので、陶磁器=chinaとなったようで、今でもchinaが陶磁器を意味するようです。

陶器を示す英語は、bone china, fine china, porcelainなどがあります。

 

bone chinaは文字通り、材料に牛の骨を使用しています。どの程度骨が含まれているかで質が変わるようです。最低30%から最高で40-45%骨が含まれています。

とてもレアなケースですが、人の骨が使われている事があるようです・・・(゜-゜)

 

fine chinaはbone chinaと同じ工程で作られるようですが材料に骨は含まれていません

porcelainもほぼ同じ工程で作られるようですが、より高い温度で焼かれるので仕上がりはより固くなるようです。porcelainはchinaまたはfine chinaとも言うそうです。

Porcelain - Wikipedia

 

このサイトで、それぞれの違いを説明しています↓

knowledgenuts.comより詳しい違いについても載っていますので、知りたい方はどうぞ↑

 

 

で、 bull in a china shopは、英和辞書では、

「はた迷惑な乱暴(そこつ)者」{由来 陶磁器屋に闖入した雄牛から} とあります。

a bull in a china shopの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

 

ということで、

bull in a china shopが、「はた迷惑な粗忽者」という意味なので

bull-in-a-diplomatic-china-shopとは、「外交面でのはた迷惑な粗忽者」という事ですね。

 

↓下に載せた記事のように、a bull in the china shop of global diplomacyのような形でも使われていますね。「世界の外交での、はた迷惑な粗忽者」といった感じでしょうか。

Trump Is a Bull in the China Shop of Global Diplomacy - Truthdig: Expert Reporting, Current News, Provocative Columnists

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

「知識より人脈が物を言う」を英語で言うと?

どうもふぉるらんです。

 最近マンガのセリフ英訳が続いていたのでちょっと真面目な感じのをやりたいと思います。

 

「知識より人脈が物を言う」

 

ようするにコネの方が知識よりいいですよって意味ですね。

 

この文を英訳する場合、「知識」「人脈」と日本語では名詞を使っているので、英語にする場合もまずこれらの名詞をそのまま英訳しようと考えてしまうと思います。

「知識」 knowledge or information etc.

「人脈」 personal connection or human network etc.

などですね。

 

 

「物を言う」という動詞では、talkが考えられますね。

「金が物を言う」 Money talks.

ただ「物を言う」と言いますが、実際に「言う」という意味ではなく「価値がある」「大事である」という意味で使うのでcountという動詞も使えます。

 

It's the thought that counts. 「大切なのは気持ちです」

countの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク

 

なので、「大切なのは~だ」It is 〇〇 that counts.または 〇〇 is what counts.と言います。

「知識より人脈が物を言う」という「大切なのはAよりBだ」という言い方では It is not A but B that counts.または It is B,not A that counts.になります。

この言い方の場合that countsは省略されることもあります。that countsがなくても言いたいことは分かりますし。

 

「大切なのは~」とくるとimportantを思いつくと思います。

B is more important than A.

importantは「重要な」という意味もあるので、「物を言う」という今回の場合とは少し意味が違うような気がします。

 

で、「知識より人脈が物を言う」の英訳なんですが

It is not knowledge but human network that counts.

でもいいですが普通英語ではもっと分かりやすく簡単な表現を好みます。

 

ただ、

アルバート・アインシュタインの名言「想像力こそ真の知性なのだ」

The true sign of intelligence is not knowledge but imagination.

The great end of life is not knowledge but action.「人生の大きな目的は知識を得る事ではなく行動である(endは目的という意味)

といった名詞を使った表現も普通にあるので、上記のでもまあ大丈夫といえばそうなんですけど直接的すぎるというか日本語的すぎるというか・・・とりあえずpersonal connectionやhuman networkという単語は通じますけどなかなか使わないよという事を頭に入れておいてください。

 

 

簡単な表現に直してみますと

「知識」「人脈」という日本語の名詞をそのまま英語の名詞に訳すのではなく、品詞を変えてみると、

「知識」 what you know 

「人脈」 who you know

となり、簡単な言葉で表現できました。

 

で、「知識より人脈が物を言う」の英訳ですが

It is not what you know but who you know (that counts).となります。

 

 

It is not knowledge but human network that counts.と比べてどっちが良いかという話ですが、 まあ英語ではknowledgeは名詞のまま使う事は多々ありますが、human network やpersonal connectionという名詞を使うよりwho you knowという表現の方が好まれます。 今回は分かりやすくするため、日本語の名詞を英語の名詞に訳してみてから、より良い表現にするため日本語の名詞を英語の関係代名詞節に訳しました。

なので実際使われる場合はIt is not what you know but who you know (that counts).の方が良いと思います。

 

ちなみにこんなのもあります。

It is not what you say but what you do that counts.

「大事なのは何を言うかではなく何をするかだ」

名言ですね!

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

スラムダンク 「あきらめたらそこで試合終了だよ」を英語で言うと?

どうも、ふぉるらんです٩( 'ω' )و

 

勉強していて「もういいや」と思って訳例見たら、もっと調べてたらこの意味にたどり着いただろ・・・!という時に、このセリフが脳裏をよぎります。

 

スラムダンク安西先生の有名なセリフ。

「あきらめたらそこで試合終了だよ」

 

 

そうでした、安西先生・・・!

諦めたらそこで試合終了でした!

諦めずに徹底的に調べる事こそ重要だったのに、そんな大事な事を忘れてました、先生・・・!

 

 

ということで

英語で何と言うか調べてみました。

 

スラムダンクの英語版タイトルは"Slam Dunk"です。

で、8巻で言ってますね。

 

英語版スラムダンク8巻はこんな感じ↓↓


Slam Dunk, Vol. 8

 

If you give up now, the game will be over.

そのまんまですね!

 

その直前にもいいこと言ってます。

Do not give up until the very end. 「最後まで希望を捨てちゃいかん」

 

the veryは「まさにその~」と言う意味で、end(終わり)という名詞を強調してますね。

the veryの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

 

 

 どうでもいいですが、「安西先生」は英語でも”ANZAI-SENSEI”なんですね。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

"get framed"はどういう意味?

どうも、ふぉるらんです。

 確かマンガを読んでたら出てきた表現ですが、載せておきます。

 

 

↓こんな1文。

I was plannnig on catching the spy ,but I got framed instead.

 

 

”plan on ~ing”は”plan to do”とほぼ同じ意味ですね。

 

 

↓ plan on ~ingplan to doの違いについて議論しています ↓ 

このサイトけっこう好きです(笑)

english.stackexchange.com人によって違いに差が出るようですね。

日本語と同じで使う人の感覚ですから、ばらつきがありますね。

興味がある方はのぞいてみてください ↑↑

 

 

get framed「濡れ衣を着せられる」と言う意味です。

frame自体が「濡れ衣を着せる」という意味があります。

 

 

そのため

「スパイを捕まえようとしていたんだが、逆に俺に容疑がかけられた」

という感じになります。

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

”That would serve you right.”はどういう意味?

どうもふぉるらんです!

英語版漫画を読んでたらこの文が出てきたので載せておきます。

 

 

”That would serve you right.”はどういう意味でしょう?

 

 

It serve you right.など、serve someone rightの意味は、英英辞書では

If you say it serves someone right when something unpleasant happens to them, you mean that it is their own fault and you feel no sympathy  for them (何かよくない事が人に起こった時にit serves someone rightと言う場合は、それはその人自身の責任で同情の余地はないという意味である)

It serves you right definition and meaning | Collins English Dictionary

 

 

serve someone rightの意味は日本語では、「(人)にとって当然の報いを受ける」という意味で、「ざまーみろ」とか「いい気味だわ」っていうニュアンスです。

 

 

で、”That would serve you right.”ですが、この文は”Did she dump you already?”というセリフが前につきます。 

 

つまり”Did she dump you already?That would serve you right.”と続きます。

 

 

dumpは動詞で「~を捨てる」と言う意味ですが、米のスラングでは「(恋人)を振る」と言う意味があります。ちなみに「う〇ち」と言う意味も・・・

 

 

wouldは前の文をうけての仮定法ですね。「前の文で言った通りなら・・」というニュアンスがあります。ですが日本語では、言葉の裏にあるニュアンスでわかるので、「もし本当なら」という言葉をわざわざつけなくても大丈夫だと思います。

 

 

Did she dump you already?That would serve you right.

「もう彼女に振られたの?(もしそうなら)いい気味だわ」

 

 

めっちゃ使えそうな表現ですね!

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村